成形科27期生の加藤(西村)文夫さんと図案科34期生の加藤ひろ子さんは、宮城県亘理町で末家焼(ばっけやき)窯元としてご活躍のところ、この度の東日本大震災で被災されました。
心よりお見舞い申し上げますとともに、同友会宛てに頂いたお手紙を添えて、京都での作陶展の紹介をさせて頂きます。なお、娘さんのまり香さんが陶校の成形科総合コースの1年生として元気に訓練をされていることを申し添えます。

宮城県亘理伊達家御庭焼末家焼を復興して26年目になります。先の東日本大震災で自宅、陶房、窯場を津波と地震で一瞬に失いましたが、色々な人達のご縁と友情で、窯の復興支援として作陶展の開催をして頂く事になりました。どうか皆様、ご高覧、御厚情頂ければ倖いと存じます。

加藤(西村)文夫
加藤ひろ子

△画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。