棚には、乾燥中の器がならび、加減を待つあいだに釉薬を調合!

手際良く、窯詰めを終え、次の制作へと移る。

実践を考えた、訓練も残すところ一週間あまり!!