水挽きのあと、器を半乾燥させて高台と腰の土を削ります。削り寸法を確定し、自作のカンナの作業です。                        削り技術も大切ですが、個々の器の乾燥加減を揃えることが肝要です!!